新入社員ご紹介

中島さん

電子システム事業本部
電子制御技術部 電子機器設計課

中島さん

シキノを選んだ理由は何ですか?

大学の頃は工学を専攻してしたため、漠然とエンジニアになりたいと考えていました。今の時代に電子部品は必要不可欠であり、IoTなど技術が著しく進化し、便利な時代となりました。勤務地が県内で、エレクトロニクス分野で設計・開発できる会社を条件に就職活動していました。当社は、設計・開発から製造まで一連の工程を行うことができ、様々な分野のユーザーに製品を提供していることに魅力を感じ、入社しました。

これまでどんな研修や教育を受けましたか?

入社した時は、仕事の進め方や社会人としてのマナーなどを丁寧に指導して頂きました。また、実際に製造現場で製品が出来上がるまでのフロー説明を受けたり、実際に作業を体験することができました。部署に配属されてからは基本的な電子回路についての研修を行い、学生の頃に学習した内容を大いに活かせる場だと感じました。しかし、仕事の中で分からないことが多く、勉強の毎日ではあるが、同じ失敗を繰り返さないように学んだことは忘れないよう習慣を付けています。

どんな仕事をしていますか?

諸先輩方のサポートの下、電子回路の設計および仕様の選定を行っています。また、仕上がりに必要な部材を調達して製造の方へ引き渡すと同時に効率良く製作ができるように指示しています。そして、製作完了後の品をデバッグ(検査)をして異常箇所がないかを確認し、安全・安心が保証できる製品をお客様へ納めています。納期との兼ね合いもあるので、優先順位を付けながら一つ一つの仕事を確実に着手できるよう努めています。

水上さん

電子システム事業本部
電子制御技術部 産業機器開発課

水上さん

シキノを選んだ理由は何ですか?

富山県内の電気系でものづくりができる会社を探していたところ、当社の情報を見かけ、この会社でなら自分のやりたいことができそうだと考えて選びました。
様々な分野の製品を設計開発しており、新しいことに挑戦できそうなところが魅力だと感じました。
宇宙関連の製品にも携わっていると聞き、興味を持ったことも選んだ理由の一つです。

これまでどんな研修や教育を受けましたか?

最初に電子制御技術部の各課でどんな業務を担当しているのか説明していただき、所属部署の強みを教えていただきました。
次に電子回路の基礎教育を受け、回路図作成ソフト、回路シミュレーションソフトの使い方を学びました。
その後、実際の業務手順に沿って回路設計研修を行い、回路設計で重要なポイントや部品の調達方法など業務に関する基本知識を得られました。

どんな仕事をしていますか?

お客様からの依頼を受けて電子機器の設計開発を行なっています。
お客様の要求仕様を元に回路を設計し、使用する部品の選定や発注、製造部門への指示を行います。製品ごとに異なる要求仕様を満たすため、お客様に実現案を提案し、承認を頂く必要があります。製造が完了した後は、製品の評価を行い、お客様の要求仕様通りに動作することを確認します。

浜田さん

生産本部 製造部 製造一課

浜田さん

シキノを選んだ理由は何ですか?

高校で電気のことを学んでいたのですが、その中で電気系のモノづくりに興味を持ち、高校で学んだことを活かせる仕事に就きたいと思っていました。そんな中、スマホに内蔵されているモノや宇宙で使用されるモノを開発・製造する当社を知りました。それらは、これから需要が伸びる分野であり、より多くの人の役に立ちたいと思い、当社を選びました。

これまでどんな研修や教育を受けましたか?

社内のルールや社会人としてのマナー、コミュニケーションの基礎はもちろん、業務外での取り組みとしてのQC活動の意義などを学びました。

どんな仕事をしていますか?

主に機械のオペレーターをしています。印刷機で、プリント配線基板上にペースト半田を印刷し、マウンターで電子部品を搭載します。その部品が搭載されたプリント配線基板をリフロー炉に流し、半田結合をするというラインの生産業務を担当しています。

岡本さん

マイクロエレクトロニクス事業本部
第一技術部 アナログ設計二課

岡本さん

シキノを選んだ理由は何ですか?

私は大学で電気・電子のことを学んでおり、今まで学んだこと、特に回路の知識を活かせることをしたいと考えていました。シキノを知ったきっかけは大学で行っていた学内説明会です。説明会ではこれからはIoTの技術革新が始まり、半導体の需要が高くなってくると聞いて興味を持ちました。また、広く社会に貢献することができるとも考え、シキノに入社を希望しました。

これまでどんな研修や教育を受けましたか?

本社での全体研修では社会人としてのマナーや考え方などの基本的行動について研修を受けました。部門に配属されてからは回路設計、レイアウト設計の講義を受けた後に業務の流れを体験する演習案件を行いました。実業務に近い形式で依頼書を頂き、回路設計とレイアウト設計を行い結果を報告書にまとめました。そのレビューを通して指摘・アドバイス等を貰いました。

どんな仕事をしていますか?

高速インターフェイス回路の検証を行っています。ツールを使って回路のシミュレーションを行い、結果を解析しています。今はまだOJTの段階で指導を受けながら業務についています。結果を考察して妥当性の確認をすること、見やすい報告資料をつくることが難しいと感じています。業務を通して成長できるよう頑張りたいと思っています。

船見さん

マイクロエレクトロニクス事業本部
第二技術部 デジタル設計二課

船見さん

シキノを選んだ理由は何ですか?

私はカメラ技術に興味がありました。大学で学んだことをその分野で生かしたいという思いで就職活動を行い、地元で企業を探し、シキノハイテックを見つけました。開発から製造までの一貫体制によって、製品の高品質化につながっていることに感銘を受けました。またLSI設計に力を入れている事にも魅力を感じ、自分が成長できる環境だと思いました。

これまでどんな研修や教育を受けましたか?

アナログ研修の演習案件では、講義で学んだ内容を基に研修を受けました。講義内容がどこで用られるのか自分で確認しながら進められ、理解につながりました。また報告会では説明資料の作成方法や説明方法を学びました。デジタル研修では演習問題や実習を通して実際にRTLを記述しました。その成果を確認をしていただきながら、考え方や記述ルールなどの理解を深めました。先輩社員への報告の仕方も、何故そうすべきかの考え方も学びながらだったので、理解を深めることができました。

どんな仕事をしていますか?

今はまだ研修中の為、実業務は担当していませんが、仕事としては、ミーティングの議事録や電話応対を先輩社員に代わって行っています。議事録は、その都度、活動によって必要な記録内容が変わることを知りました。また、メモする内容が多いときや間に合わないとき、話の中でどこがポイントかを考えるようになりました。電話応対では、先輩社員の顔と名前を覚えることに役立ちました。簡単そうに見える仕事でも、学ぶことが多いです。

村島さん

マイクロエレクトロニクス事業本部
第二技術部 デジタル設計二課

村島さん

シキノを選んだ理由は何ですか?

高専で学んだこと活かし、近年目覚ましい進歩を遂げている画像処理分野でモノづくりに携われたらなと考え、シキノハイテックに興味を持ちました。また、豊富な開発実績を有していることから、多岐にわたるモノづくりを経験できるのではないかと考えたのも理由の一つです。

これまでどんな研修や教育を受けましたか?

1年間を通し、LSI設計(アナログ、デジタル)の研修を受けさせて頂きました。実際に設計がどの様に進んでいくかを理解できる様、実案件と同じ環境下で仮想案件開発を行いました。アナログとデジタルの関係を考えることで理解できることもあり、両方を学べたことはいい経験になっています。わからないことも多くありましたが、先輩方の手厚いサポートもあり、技術スキルはもちろん、設計の大変さも学びながら進めることができました。

どんな仕事をしていますか?

現在は東京デザインセンターでデジタルLSI設計の研修を受けています。少しでも早く実業務にかかわれるよう、技術的知識向上のため勉強することが仕事だと思っています。電話応対や会議の議事録作成も積極的に行います。4月の研修開始時には、上手く対応できなかったらどうしようという不安もありましたが、現在では慣れたこともあり、丁寧に対応することができています。

矢後さん

電子システム事業本部
電子制御技術部 信頼性試験開発課

矢後さん

シキノを選んだ理由は何ですか?

大学では半導体デバイスコースに所属しており、漠然と電子部品・機器に関わる仕事をしたいと考えていたところ、地元富山で電子機器の設計・開発や半導体試験装置の製造を行う企業である当社を知りました。もともとは半導体部品や電子機器そのものに興味がありましたが、当社の企業説明会で、半導体試験装置であるバーンイン試験装置を知り、半導体製造のための試験装置にも関心を持ち、入社を決意しました。

これまでどんな研修や教育を受けましたか?

入社してすぐ、社会人としての心構えや当社の規定を教えていただきました。現在の部署に配属されてからは、バーンイン試験装置についての基本を学び、その後は客先でのOJTが主になっています。
入社して間もないころは上司とともに訪問していましたが、今では一人での訪問も増えてきており、自身の成長を感じながら仕事ができています。

どんな仕事をしていますか?

お客様を訪問しての現地作業が主な業務です。バーンイン試験装置及び試験用冶具であるバーンインボードの修理・点検や、新しい装置やバーンインボードを納品する際は、客先へ出向いての立上げなどを行っています。
覚えるべきことは多いですが、その分仕事の中での自社製品に対する新しい気付きもまた多いです。製品の実物に触れることで、知識・技術を深めることができる業務は、自分に向いていると感じています。